ビジョン

株式会社レジデンストーキョーは、従来の「賃貸マンション・賃貸アパート」という概念をゼロから見直し、今本当に必要とされている不動産資産を世の中に送り出し、自分たちが運営をすることで付加価値を創出し、利用者、投資家の満足度を高めてまいりたいと考えております。

近年、日本では、円安や規制緩和によるLCCの台頭、アジア圏の観光客に対するビザの緩和等の影響により、インバウンドの旅行客が年間2,400万人を超え、増加の一途をたどっております。また、2020年には東京オリンピックも開催されるなど、主要都市を中心に、より一層のグローバルな観光都市としての機能が求められております。一方、ホテル不足から注目される民泊については、法制度による規制の見通しから、不透明さが増しています。

また、インターネットやスマートフォンの普及等、情報通信技術の進歩によって、あらゆるビジネスが急激に変化し、ライフスタイルそのものも大きく変化しています。
一方、不動産マーケットにおいては、法令上の制限や古くからの慣習もあり、その仕組みやプレイヤーがマーケットの要求に対応できていないことから都心の不稼働物件も増加、いわゆる「空き家問題」も年々深刻度を増しています。

株式会社レジデンストーキョーは、そうした不稼働の資産を、スクラップアンドビルド、リノベーション、テクノロジーの導入、新しい運用スタイルを通じて、社会に本当に必要とされる資産に作り変えて運用していくことを目指しています。

従来の日本人の出張ニーズだけでなく、中長期滞在する外国人にも対応した快適なマンスリーマンションの開発・運用をメインビジネスに、インバウンド旅行者対応のホテルの運営、リノベーションによる空き家問題のソリューションビジネス等の分野で、知恵を出し合い汗をかいて、従来からの規制の障壁や困難を乗り越え、すべての関係者とビジネス面での成功を共有する(WIN-WIN)と同時にワクワクするような体験も共有(FUN-FUN)したいと考えています。

今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役CEO 野坂幸司