「東京電力フロンティアパートナーズ」をリード引受先とした総額2.3億円の第三者割当増資を実施しました。

東京都内で約500室のマンスリーマンションを運営し、 全国約4,000室のマンスリーマンション事業者と提携している株式会社レジデンストーキョー(本社:東京都渋谷区、 代表取締役CEO:野坂 幸司、 以下「レジデンストーキョー」)は、 このたび、 東京電力フロンティアパートナーズ合同会社(所在地:東京都千代田区、 業務執行社員:東京電力エナジーパートナー株式会社)、 株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、 代表取締役社長 :吉村 英毅)、 BEENOS株式会社(本社:東京都品川区、 代表取締役社長 兼グループCEO:直井聖太)および複数の事業会社等を引受先とする総額2.3億円の第三者割当増資を実施いたしました。

レジデンストーキョーは、 マルチリンガルスタッフ常駐や、 敷金礼金保証人システムの廃止、 電子テンキー導入による24時間セルフチェックイン・アウト対応など、 外国人就労者・留学生でも容易に利用することが出来るマンスリーマンション事業を展開してきました。

今後レジデンストーキョーは、 調達した資金をもとに、 グローバルな人材移動に対応した滞在型宿泊施設の企画・開発・運営、 マンスリーマンション事業の再ブランディング化やそのためのシステム投資を行い、 今回引受先となる事業会社様との連携を通じて事業の拡大を図って参ります。

 

レジデンストーキョーと各社との取組

東京電力フロンティアパートナーズ合同会社は、 東京電力エナジーパートナー株式会社の新サービス領域開拓を目的とした戦略投資先の開拓と、 それに伴う投資を主な業務とするCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)です。
レジデンストーキョーは今後、 東京電力エナジーパートナー株式会社と連携し、 東京電力グループの保有する土地建物の有効活用提案、 スマートホーム技術やシェアリングビジネスを活用した新しい家庭向けサービスの開発・導入、 および空き家問題などの社会課題解決など、 くらしに寄り添うサービスの共創に取り組んでまいります。

株式会社エボラブルアジアはオンライン旅行代理店としては航空券の取扱高で業界最大規模を誇り、 DeNAトラベルの子会社化により年商1400億円の取扱高を見込んでいます。 株式会社エボラブルアジアとレジデンストーキョーは、 ビジネストラベルマネジメント(BTM)分野でのマンスリーマンションの利用について業務提携*1しており、 今後は民泊をはじめとする滞在型宿泊マーケットの拡大に取り組んでいきます。
*1:「エアトリBTM」に関するリリース URL: https://residencetokyo.jp/archives/1081

BEENOS株式会社は、 越境ECを手掛けるほか、 インバウンド領域における事業会社に対して複数の投資実績があり、 レジデンストーキョーはBEENOS株式会社ならびに投資先企業とインバウンド領域において連携して事業の拡大を図っていきます。

 

代表取締役 野坂幸司より

このたび、 レジデンストーキョーは今後の事業展開を行う上でパートナーとなる事業会社を中心に、 株式の引き受けをしていただき、 事業の更なる発展に向けた足がかりを得ることが出来ました。

弊社の滞在型宿泊事業(マンスリー事業)は住宅宿泊事業法の施行後、 マーケットの混乱が見られる中、 着実に成長を続けています。 グローバルな人の移動やライフスタイルの変化により「住む」と「泊まる」の垣根がどんどんなくなっていく中、 新しい住宅・宿泊インフラや、 テナント誘致の新しい仕組みが必要になっていきます。 レジデンストーキョーは今回の出資企業様と協働して、 東京を皮切りに、 日本の真の国際化を目指して、 チャレンジを続けていきます。